ラウンド中、急にスイングが速くなる?

練習ではゆっくり、テンポよくスイングが出来るのに、ラウンドだと、急にスイングが速くなる? そんな悩みでお困りではありませんか。ラウンドではコースレイアウトや周りの方の目が気になり、いつもの練習通りのスイングが出来ず思いもよらないスイングでボールが曲がり、スコアを崩すことが多くあると思います。よくミスの後に同伴者から今のスイング早かったよ!と言われると思いますが、簡単に言うと原因はプレッシャーです。このプレッシャーのかかった時にスイングの何を注意するすれば良いかですが、スイング早くなるは「手打ち」の状態です。腕だけで簡単にクラブを上げてしまい、体の捻転が無くトップからインパクトを迎えますのでインパクトでの体の開きも早くなりスライス、手首が返り過ぎてフックしてしまいます。ここでポイントですが打つ前の素振りで打ち急ぎを解消しましょう。スイング前の素振りでクラブヘッドを左足の外側まで移動しそこから体の回転でゆっくり体を捻転し素振りをすることで手だけのクラブを上げなくなりますので、急にスイングが速くなることを防ぐことができます。アプローチからスフスイングまで腕に頼らず体の捻転でスイング出来るようにしましょう。

関連記事

  1. 飛ばなくなったと感じたらVZONE

  2. 飛距離が落ちて来たなと感じたら!

  3. 4月なのにこの寒さ

  4. VZONEGOLF スイングプログラム2

  5. 緊張するとリズムが速くなる?

  6. アドレスのポイント