スイング中に手首使いますか?

レッスンを受講して頂いてます生徒の皆さんの90%以上の方がスイング中に手首を出来るだけ使わないと考えているようです。手首を使ってのスイングは手打ちになるので良くない事だと思われているようです。体をねじりスイングする事は正解ですが、手首を曲げずにスイングする事はほぼ、不可能なことです。テークバックの始動でいきなり手首を使うと体のねじれが浅くなるのでテークバックの始動時は肩や体のねじれでクラブを上げていく事は大切ですが、テークバックを始動すれば次に手首、肘を曲げることでトップまでスムーズに体も動きます。手首をコックすることでトップの形が出来上がり、続いてダウンスイングでタメが出来てきます。ここでもタメが大切だと考えている方は多く、正解ですがそのタメをどのタイミングでリリースするかは意外に考えてないようです。トップから切り返し、手首がタメの状態では当然、インパクト出来ず、フェイスは右に向いたままインパクトしてしまいます。当然必要な事がタメを解くことで、この動きは手首を使う動きです。タメ~リリースのスピードが速いほどヘッドスピードが上がります。ヘッドスピードが速い方ほど、手首を使ってます。手首を固めるほど、曲がる、飛ばないスイングになってしまいますね(´;ω;`)ウゥゥ スイング中に手首、肘は出来るだけ柔らかく使うようにしましょう。スイングにお悩みの方、日比谷のVZONEGOLFへご予約下さい。今までの悩みが解決で来ますよ!

関連記事

  1. スタート前のウォーミングアップ注意点

  2. 緊張するとリズムが速くなる?

  3. ベストスコア更新

  4. 一気にベストスコアを2度も更新

  5. 飛ばなくなったと感じたらVZONE

  6. スイング修正のポイント