練習の成果

練習の成果を発揮するには、、、? 練習ではいい当たりを連発し自信が湧き、意気揚々といざコースへ、しかし思いもよらない悪い結果が出てませんか?朝の練習で何やら不安がよぎり、朝一のティショットがOB一直線! ここから何が何だかわからずに1日が終わってしまってませんか。こんな思いをした方にこれからの練習方法について確認をして頂きたいポイントが、練習の時からセットアップを丁寧に1球、1球スイングをして下さい。練習ではボールもたくさんあり打席マットもありますので無意識のうちにアドレスの方向性が合ってしまいます。たくさんボールを打つことは重要ですが、それと同じくらいにセットアップの手順も丁寧に繰り返しましょう。コースではボールとの距離や方向性を合わせる事が意外に難しく、そこでのエラーがミスショットに繋がります。ゴルフ場にはいろんな傾斜がありますがどんな状況であれ、バランスよくアドレスを作れるよう、練習時からセットアップの手順は身に着けておきましょう。

関連記事

  1. アプローチが苦手だ!

  2. 手首・足首の柔軟性

  3. アドレスのポイント

  4. 生徒さんからの質問 1

  5. 一気にベストスコアを2度も更新

  6. スイング中に手首使いますか?