カスタムドライバー

ドライバーのボールが上がりすぎて飛ばないとのお悩みでクラブ診断を受けられたNさん(女性)、早速ドライバーのスペックとヘッドスピードの測定をしました。ヘッドスピードは33m/s、シャフトの振動数は204cpm この硬さですとダウンスイングでシャフトのしなり戻りが遅れフェイスが開いて当たります。その結果、バックスピン量が4000と多く相当の飛距離をロスしてました。適性のシャフト振動数は215cpm前後になります。適性のクラブを試打して頂くとバックスピン量がグッと少なくなり力強いインパクトになりました。今のドライバーは数年使われてるとの事で、新しいドライバーの注文を頂きました。今年売上No1ドライバーキャロウェイのGBB EPIC STAR ドライバーにUST マミヤのマジカルアッタスの組み合わせになりました。

関連記事

  1. 武蔵カントリークラブ

  2. 目的は目標達成!

  3. リシャフト N.S.PRO Regio Formula B

  4. VZONEGOLFの常識

  5. サンプル完成!

  6. ホームページ開設しました