アドレスのポイント

練習場ではナイスショット!しかしコースでは右に飛ぶ、ナイスショットしたはずが、右のラフへ一直線!なんて経験はゴルファーなら必ずありますよね。スコアがまとまらない方の多くに方向性が悪いと言われます。練習から丁寧にセットアップから始めて、いざコースでも同じルーティンのはずが上手くいかない方!!! まずはボールの後方からボールと目標を結びそのラインに対してフェイスをセット、ここまではほぼOKです。この次の動きがポイントです。その時、左肩はどこに向いてますか? 右を向く方の特徴はセットアップの流れで左肩まで目標を向いてます。顔は目標を見てますが左肩まで目標を向いてしまうと自然と右に飛び出します。ターゲットに対してスクエアにアドレスするポイントは左肩です。 ティーショットでフェアウェイの真ん中を狙う場合、クラブフェイスはフェアウェイセンター、その時の左肩はフェアウェイ左サイドから左ラフ方向に左肩が向いてスクエアです。グリーンセンターを狙う場合、肩のラインはグリーン左エッジに向いてスクエアなアドレスです。電車のレールのようにどこまで行ってもレールは平行です。フェイス面と肩のラインも絶対に平行です。 次回のコースで思い切ってターゲットの左に肩のラインを合わせてスイングしてみましょう! 右に飛ぶ原因が見つかるかもしれませんよ!

IMG_1692

 

関連記事

  1. ベストスコア更新、続々!

  2. 10ヤードも300ヤードも

  3. ラウンド中、急にスイングが速くなる?

  4. 100切りを目指す方へ

  5. 飛ばなくなったと感じたらVZONE

  6. スイング中に手首使いますか?