Vゾーンゴルフ-グリップ

グリップは体と腕の動きや力をクラブヘッドに伝える重要な役割をします。正しいグリップは正しいスイングを導き、飛距離と方向性のいずれも満足させてくれます。正しいグリップの基点となるのは自然体です。

ゴルフでいう自然体とは両腕をだらりと垂らして直立し、上体を脚の付け根から軽く前傾させた姿勢です。そのとき左手を上から見ると、人差し指と中指の付け根関節(ナックル)は2つ見えるはずです。この手の向きでグリップするとインパクトでも同じ位置に戻りやすくなります。スイング中における合理的なグリップがここにあります。

G1

グリップ3種類

①オーバーラッピング/一番オーソドックスで右手の力を抑えることができます。

②インターロッキング/方向性に優れている。パワーヒッターのプレイヤーが多く、手が小さい人に、おすすめの握り方です。両手が固定できるので、グリップが崩れることなく安定しているという利点もあります。

③ナチュラル/両手でしっかりと握れます。女性の方や握力の弱い方におすすめです。

スムーズなスイングをおこなう上で、ご自身に合ったグリップを見つける事は非常に大切です。3種類のグリップを試し最適のグリップを今一度グリップチェックしましょう!

 

関連記事

  1. ベストスコア更新

  2. 武蔵カントリークラブ

  3. スイングを支えるキーポイント

  4. 飛距離アップのインパクト

  5. 飛ばなくなったと感じたらVZONE

  6. アドレスのポイント